品川に通勤する際のマンスリーマンションについて!!

品川区は、家賃相場こそ高いですが、街は活気に溢れ、交通アクセスが良く住みやすい街です。単身世帯から家族世帯まで幅広い層の人が住んでおり、いずれの世帯向き物件を探しても、比較的物件が見つかりやすいエリアです。ここでは、品川に通勤する際のマンスリーマンションについて、品川区の不動産事情をお届けします。

品川区の特徴について

品川区の街

東京23区と言う事もあって、都会のイメージが強い品川区ですが、その歴史は縄文時代にまで遡ります。また、奈良時代から交通要地となっていた品川区は、臨海部では伊勢をはじめとした各地から商船が入港して賑わっていた歴史があります。現代では商業や工業が発展した街となっていますが、駅の中心地から一歩踏み込むと、多くの神社や寺を見る事ができます。夏祭りや秋祭りの時期になると、神輿が練り歩いてお囃子の音が聞こえてくるなど、粋な一面もあるのが品川区です。

品川区の人口と大きさ

品川区の人口は、約38万人と言われており、東京23区内ではそれなりに人が集まる区になっています。現在も品川区は人口増加エリアとして成長しており、今後も人気が高まっていくエリアと予感されています。人口密度や面積も、多過ぎず少な過ぎずの程良い感じが、また街の人気理由の1つにもなっています。

老若男女どんな世帯にも人気の品川区

現在、品川区に住んでいる人の年齢層は、30代・40代が約25%程度と若干多い年代が多い傾向にありますが、全体的には20代~50代までとバランス良い構成になっています。ライフステージ区分を見ても、独身期、家族形成期、家族成長期前・家族成長期後、家族成熟期、高齢期など、それぞれ同じ位の比率で住んでおり、人生のどのライフステージにおいても住みやすい区である事が言えます。9割以上が「ずっと住みたい」「当分は住みたい」と思う方が多い人気エリアです。

品川区は5区に分かれている

品川地区

品川駅や臨海部において、整えられた商業地のある先進性と、旧東海道品川宿の街並みのある歴史性、これらの二面性を併せ持つ魅力ある地区です。東海道では、江戸から数えて第一の宿場が品川です。

大崎地区

渋谷・新宿などの副都心と鉄道で結ばれた職場・住居・遊場・学校の拠点となっている地区です。高層ビル群から閑静な住宅地まで環境は幅広くなっています。

大井地区

駅周辺は区の中心拠点となっており、高層マンションや商業・文化施設、ホテルなどが集積する地区です。人気のあるレジャースポットが多いのも特徴です。

荏原地区

戸越銀座や武蔵小山などの商店街があるので、日常生活上利便性が際立つ地区です。自然豊かな戸越公園や林試の森公園が住民の憩いの場になっています。

八潮地区

八潮パークタウンと言う計画的に造られた大規模団地を代表する、新しさが光る地区です。
団地内に教育施設、図書館、高齢者や障害者の為の施設も用意されています。

品川区の相場について

やはり、品川区はビジネス中心地だけあり、家賃相場は高めに設定されています。最近は、タワーマンションも増加しており、家賃相場は高くなっています。高輪に近い方面では、それなりに家賃は高くなります。タワーマンションがまだあまり建っていない駅の北や南方面では、徒歩10分強程離れると1Rや1Kであれば、10万円しないお得な部屋も見つける事も可能です。そうは言っても品川区は、人が入る見込みがあって現在も発展している区になるので、人気地域として常に注目されている場所と言えます。

1R 8.60万円
1K 8.67万円
1DK 10.52万円
1LDK 15.30万円
2K 10.70万円
2DK 12.46万円
2LDK 20.71万円
3LDK 24.67万円

このように、23区内でも人気エリアだけに家賃相場が高い地域が多いのですが、探せば中にはお手頃価格の物件もあります。少し駅からの距離や部屋の広さなどを妥協すれば、コスパの良い物件を見つける事も可能です。

品川区の人気スポットについて

しながわ水族館

しながわ水族館は、友達、家族、恋人など、誰と言っても楽しむ事のできる施設です。大森海岸駅から徒歩8分とアクセスも良くなっています。しながわ水族館で人気があるのは、クラゲたちの世界で、様々な水槽に展示された幻想的なクラゲの世界を楽しむ事ができます。また、クラゲフォトスタジオ水槽では、クラゲに囲まれた不思議な写真を記念に撮る事ができます。是非、しながわ水族館で癒されてみて下さい。

文庫の森

文庫の森は、戸越公園駅から徒歩7分とアクセスの良い場所にあります。遊具やアスレチックなどがある訳では無く、とてもシンプルな公園なのです。広々とした芝生広場や散歩できる小路など、ピクニックには最適のスポットです。なので、子供が四季関係なく外で駆け回れる公園になっています。都会の喧噪から少し離れ、リラックスできる場所が文庫の森です。

大井水神公園

大井水神公園は、大森駅から直ぐの場所にあり散歩に最適です。暖かくなってきた頃に訪問するのがお勧めです。線路沿いに立ち並ぶ桜が満開に咲くと、とても綺麗で花見をする事もできます。目黒川の花見スポットのような派手はありませんが、日常に溶け込んだ温かさを感じられます。公園の中には遊具や砂場などがあるので子供も遊ぶ事ができ、また、休日には家族で桜鑑賞を楽しむ事もできます。

泉岳寺

泉岳寺は、日本史ファンがつい興奮してしまう歴史スポットです。泉岳寺駅から徒歩1分とアクセスも良くなっています。かの有名な赤穂浪士が眠るお寺で、日本人であれば知らない人はいない程、歴史的に有名な方です。境内には、上野介の首を洗った首洗いの井戸などもあり、戦乱の世を肌で感じられます。歴史に触れながら参拝する事ができます。

ザ・クルーズクラブ東京

美ザ・クルーズクラブ東京は、美しい船体で人々を魅了します。豪華な船に乗って心地良い揺れを感じながら、優雅にクルーズ経験をできるのが魅力です。ランチクルーズやディナークルーズなど、様々なクルーズプランがあり楽しむ事ができます。イベント情報やファミリー優待など、HPで楽しいイベントやお得なプランも更新されています。サプライズプロポーズや特別な記念日など、大切な人と過ごす時間にも最適です。

T.Y.Harbor

T.Y.Harborは、一日中見て・遊んで・楽しんで、これらを満喫できるスポットです。そして、最後には美味しい食事を堪能する事ができます。天王洲アイル駅から徒歩5分とアクセスも良く、目の前には綺麗な港が広がっています。ビール醸造所が併設されており、動き回った後の一杯にもお勧めです。作り立ても新鮮なビールを飲みながら、東京のオシャレなネオンを景色に、非日常感を味わう事ができます。また、フードメニューも豊富なので、ゆっくり食事しながら終日施設で楽しむ事ができます。

品川区の主要駅について

品川区内を走る鉄道・駅は盛り沢山

品川区には、JR東日本、東京急行電鉄、東京臨海高速鉄道、東京モノレール、京浜急行電鉄、東京メトロ、都営地下鉄など、鉄道路線が盛り沢山存在しています。国土交通省のデータでは、利用者が最も多いのが東京急行電鉄(目黒線)目黒駅、次いでJR東日本の大崎駅となっています。通勤・通学者共に利用者が多く、また複数路線の停車駅であることも関係し、ラッシュ時にはかなり混雑します。

また、多くの路線が入り混じる品川区内ですから、停車駅も盛りだくさんです。多くの鉄道路線が入り混じる品川区。そもそも品川区内の駅自体が主要駅といっても過言ではないほどですが、他の主要駅までの所要時間もアクセス良好となっています。

・新宿駅 11分(JR「大崎駅」からJR湘南新宿ラインで1本)
・渋谷駅 5分(JR「目黒駅」から山手線で1本)
・池袋駅 17分(JR「大崎駅」からJR湘南新宿ラインで1本)
・横浜駅 25分(JR「大井町駅」から京浜東北線で1本)
・羽田空港国際線ターミナル駅 19分(京急線「大森海岸駅」から同線京急蒲田駅で乗り換え)